ネーミング事例|冷凍パスタ「彩々野菜(さいさいやさい)」

ネーミング事例「彩々野菜」のパッケージ

「彩々野菜」シリーズの売りは野菜がたっぷり入っていることです。

販売元の日本製粉さんのHPにも、以下のような記載があります。

「彩々野菜」シリーズは、1食に野菜を50g以上使用しているので、野菜不足を補うのにぴったりの、健康にやさしいシリーズです。

2016年秋冬家庭用冷凍食品新発売|日本製粉

何種類か食べ比べてみましたが、「彩々野菜 海老と5種野菜 ペペロンチーノ」がおススメです。
野菜の存在感が半端ないんです!

レンジでチンするとこんな感じ。

結構、野菜が入っていると思いませんか?

スナップえんどうやブロッコリー、ズッキーニや揚げなす等、大ぶりの野菜がゴロゴロ入っています。
赤と黄色のピーマンも入って、彩りも鮮やかです。冷凍食品なのに野菜の食感もかなり残っているんですよね。

オイル系のパスタなので、比較的さっぱりしています。
鷹の爪の辛味もかなり効いています。
クリーム系のパスタはちょっと重いなぁという時に最適です。

紙トレー入りなので、温めてそのまま食べられます。
お皿を洗わなくていいのが嬉しいですね。

目次

ネーミングテク「音の繰り返し」

さて、この「彩々野菜」。

日本製粉の登録商標です(商標公報5630019|商標番号照会|特許情報プラットフォーム)。

この商品名で見習いたいのが、音の繰り返しです。

音を抜き出してみると、こんな感じです。

● 「サイサイ ヤサイ」と、語尾で韻を踏んでいる
● 「サイサイ ヤサイ」と、「サイ」を3回繰り返している

「彩々」と「野菜」を組み合わせることによって、語呂がよく、覚えやすいキャッチーな商品名になっているということが分かります。

また、文字のチョイスにも注目してください。

「彩々」という文字からは、

● 彩り鮮やか

というイメージが喚起されますよね。

「野菜」という生鮮品に「彩々」の語を組み合わせることで、「彩り豊かな野菜が沢山入っている」、「ヘルシー」というイメージを喚起させ、冷凍食品のネガティブなイメージ(非健康的)を覆すことに成功しているのです。

商品の内容を直接説明するのではなく、イメージさせることが大事

中小企業さんから商標登録を依頼される商品名には、その商品の内容を直接的に説明しているような商品名が多いです。

「たっぷり野菜××」とか「ヘルシー××」のような…。

このような説明的な商品名は内容がわかりやすい反面、ありきたり過ぎて覚えてもらうのが難しい場合があります。
また、その商品の内容を説明しているにすぎない(記述的商標である)として、商標登録を認められないケースも少なくないです。

ですから、ネーミングの際には、その商品の内容を直接的に説明するような名前だけではなく、その商品のセールスポイントを購買者にイメージしてもらえる名前も併せて考えてみてください。

まとめ

ネーミングのコツは、商品の中身を直接伝える(説明する)だけではなく、購買者に商品のイメージを思い浮かべてもらう(イメージを喚起させる)ような名前を考えることです。

「彩々野菜」のようなセンスのよい商品名を考えてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる