他人が出願している商標を最速で覗き見する ~Twitterサービス「商標速報bot」~

引用元:https://twitter.com/trademark_bot/status/805686901076172800

目次

はじめに

商標に興味があるけど、何をどうしたらいいのか、さっぱりわからない…。

そんな人は、他の人がどんな商標を出願しているのか、とりあえず覗き見をしてみましょう!

今日は、何もしなくても商標の出願情報をガンガン流してくれるTwitterサービス「商標速報bot」を紹介します。

商標に興味がある。でも面倒なことはしたくない

商標に興味がある。でも何をどうしたらいいのかわからない。そんな人は意外に多いのかもしれません。

そんなときは私のところに相談にきてくださーい! でも、弁理士のところに相談に行くのは敷居が高いって思うんですよね…。

それでは、とりあえず商標がどんなものか、他の人が出願した商標を覗いてみるというのはいかがですか? 何をやるんでも、先にやっている人の真似をするというのは基本ですから。

商標を出願すると、その情報は商標公報で一般公開されます。特許庁の無料データベース「特許情報プラットフォーム(J-Platpat)」を使えば、商標公報の内容を調べることができます。

でも、あまり商標に詳しくない人が「J-Platpat」にアクセスして自分で調べるのって結構、面倒かもしれません。

「商標速報bot」なら何もしなくても勝手に商標の出願情報を流してくれる

そんなあなたにオススメなのが「商標速報bot」です。「商標速報bot」はTwitterで商標の出願情報を流してくれるサービスです。

「商標速報bot」を使うと、出願されたばかりの、まだ審査もされていない、登録もされていないフレッシュな商標の情報を知ることができるのです。

この「商標速報bot」はTwitterを使っている人であれば誰でも使うことができます。Twitterで「商標速報bot」(@trademark_bot)をフォローするだけ。

フォローしたら、その時点から商標の出願情報がTwitterにガンガン流れてきます。4分に1件くらいの光速で出願情報が流れてくるんですよ。

出願されてから「商標速報bot」に情報がUPされるまでには若干のタイムラグがあります。それでも3週間前くらいに出願された商標の情報が流れてきていますね。

何もしなくても勝手に他人の出願した最新の商標の情報を流してくれるので、とても楽ちんです。これならモノグサな人でも商標の情報にありつけそうです。

Twitterには140文字という字数制限があります。だから、商標公報の全ての情報が流れてくるわけではありません。

それでも

● 出願番号
● 出願された商標の内容
● 出願人
● 出願日
● 指定されている商品やサービスの区分

等、重要な情報は網羅されています。

図形商標の画像も見ることができます。

実際の画面はこんな感じ。

引用元:https://twitter.com/trademark_bot/status/814792654361952256

私たちと同じ士業さん、不動産鑑定士さん関係の商標ですね。不動産鑑定士協会のゆるキャラでしょうか?

「商標速報bot」は、なんと「音の商標」にも対応しています。リンクをクリックすれば、「音の商標」のサウンドも聞くことができちゃいます。♪ 三井のリハウスー、とかね。

至れり尽くせりのサービスだと思いませんか?

まとめ

商標の初心者の方が商標のイメージを掴むには良いサービスだと思います。
無料ですので、ぜひ試してみてください!

おまけ

「商標速報bot」を見ていると、いろんな商標があるもんだなぁと思います。例えば、こんな商標とか。どうやら、SMクラブの商標みたいですね。

指定されている役務(サービス)は

● 個室において異性の客に接触する役務の提供
● 派遣による異性の客に接触する役務の提供

等です…(汗)

ネーミングに興味が出てきた方へ

ネーミングに興味が出てきた方はぜひ以下の2つの記事を読んでみてください。きっと、気付きがあるはずです。

ネーミングのコツ。センスの良い商品名を作るための5つのポイント

商品価値を高める! 取引先への「ネーミング支援」|「近代セールス」2021年11月1日号掲載記事

お問い合わせ

商品名、サービス名、会社名、肩書その他のネーミングについてお悩みの方は下記のアドレスからお問い合わせください。

お問い合わせ

役にたったらシェアしてください!
目次