事例・改札通過通知サービス「まもレール」から学ぶネーミングのコツ|掛け言葉・語呂合わせ

目次

事例・改札通過通知サービス「まもレール」から学ぶネーミングのコツ|掛け言葉・語呂合わせ

「まもレール」は、JR東日本とセントラル警備保障が共同で提供する子ども見守りサービスです(*1)。

このサービスに登録すると、お子さんが「Suica」や「PASMO」を使って駅の自動改札を通過した際に、親御さんのスマホに利用駅や通過時刻が通知されます。

現在は、山手線、中央線の57駅のみのサービスです。
2018年春までには首都圏244駅で利用することができるようになる予定です(2,3)。

(1)ネーミングテク「掛け言葉・語呂合わせ」

「まもレール」は子供を見守る改札通過通知サービスです。鉄道関連のサービスですよね。

だから、「(子供を)守れる」に「(鉄道とは切っても切れない)レール」を掛けて「まもレール」としたわけです。
JR東日本とセントラル警備保障は「まもレール」の文字(標準文字商標)について、商標登録の申請中です(*4)

「掛け言葉・語呂合わせ」はネーミングでよく使われるテクニックです。
「ダブルミーニング(二重の意味)」とも言われます。
ダジャレと考えても良いでしょう。

「まもレール」のように言葉の一部を掛けてもよいし、言葉の全体を掛けてもよいでしょう。

(2)「掛け言葉・語呂合わせ」を使ったネーミング事例

「掛け言葉・語呂合わせ」を使ったネーミング事例は他にもたくさんあります。

少し例を挙げてみましょう。

例えば、

「アステラス」(アステラス製薬)(*5)

● 「星」を意味する「stella(ラテン語)」、「aster(ギリシャ語)」、「stellar(英語)」
● 日本語の「明日を照らす」

ミネラルウォーター「い・ろ・は・す」(コカ・コーラ)(*6)

● 「いろは歌」の「いろは」
● 健康を重視する生活の仕方を意味する「LOHAS(ロハス)」

24時間風呂「湯名人」(ジャノメ)

● 「有名人」
● 「湯の名人」

等があります。

(3)「掛け言葉・語呂合わせ」のメリット

「掛け言葉・語呂合わせ」のメリットは、比較的簡単に新しい語を作ることができるということです。

ダジャレ感覚で似た言葉をたくさん挙げていくと、良い言葉が見つかるものです。
手数を打てば、センスがなくても何とかなる方法です(笑)

まとめ

良い商品名がどうしても思い浮かばないというときには「掛け言葉・語呂合わせ」を試してみましょう。
ひたすら言葉を挙げ続ける。
これに尽きます。

ただ言葉がシンクロしているというだけでなく、商品の特徴をきちんと盛り込むことで、センスの良い名前になります。
そういう意味では「湯名人」は良い商品名ですね。

参考サイト

(*1)まもレール キャンペーン情報

(*2)通学・通塾時の子ども防犯対策・見守りサービスは【まもレール】

(*3)JR東日本 子ども見守りサービス『まもレール』のサービスを開始します

(*4)商標公開2017-031169号公報(J-Platpat)
「まもレール」の文字商標に関する商標公開公報

(*5)ブランドマーク由来(アステラス製薬)

(*6)「い・ろ・は・す」の名前の由来はなんですか?(日本コカ・コーラ)

ネーミングに興味が出てきた方へ

ネーミングに興味が出てきた方はぜひ以下の2つの記事を読んでみてください。きっと、気付きがあるはずです。

ネーミングのコツ。センスの良い商品名を作るための5つのポイント

商品価値を高める! 取引先への「ネーミング支援」|「近代セールス」2021年11月1日号掲載記事

お問い合わせ

商品名、サービス名、会社名、肩書その他のネーミングについてお悩みの方は下記のアドレスからお問い合わせください。

お問い合わせ

役にたったらシェアしてください!
目次