ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」

目次

ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」|本日のポイント

本日(2019.4.2)、キリンビバレッジから大容量ペットボトルコーヒー「キリンファイア ワンデイブラック」が新発売されました。

最近、「ちびだら飲み」という言葉が流行っています。
デスクワーカーが机に缶コーヒーを置き、ちびちびダラダラと飲むスタイルのことです。

【本日発売】1日分の大容量、ちびだら飲み特化の『キリン ファイア ワンデイ ブラック』の、ぬるくて美味いに驚いた!|おためし新商品ナビ

「キリンファイア ワンデイブラック」は、この「ちびだら飲み」用に開発された缶コーヒーです。

長時間、飲み続けられるように、大容量(600mL)としています。
また、ずっと飲んでいても飽きがこない、冷めても美味しい等、「ちびだら飲み」に適した味に調製されています。

今日は、この「キリンファイア ワンデイブラック」が題材です。

「キリンファイア ワンデイブラック」から学びたいネーミングのコツは以下の3つです。

流行りの言葉をそのまま入れない
商品の特徴を暗示する言葉を使う
商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる
では、「キリンファイア ワンデイブラック」からネーミングのコツを学んでいきましょう!

ネーミングのコツ①|流行りの言葉をそのまま入れない

ネーミングのコツ、1つ目は、

流行りの言葉をそのまま入れない

ことです。

流行りの言葉をそのまま入れてしまうと、他社と似たり寄ったりの商品名になりがち

だからです。

今、「ちびだら飲み」という言葉が流行っているわけですよね?
そうすると、商品名にもその言葉を入れたくなるのが人情です。

でも、それだとネーミングとしては全くひねりがありません。
安直な感じを与えます。

また、他社も同じような発想でネーミングをしてくると、商品名が似たり寄ったりになります。

商品名で差別化することができなくなる

わけです。

商品名に流行りの言葉をそのまま入れない。
これがネーミングのポイントなのです。

ネーミングのコツ②|商品の特徴を暗示する言葉を使う

ネーミングのコツ、2つ目は

商品の特徴を暗示する言葉を使う

ことです。

真逆のイメージの言葉を組み合わせることで、

他社の商品名とかぶりにくくなり、独自性を出せる

からです。

「ちびだら飲み」をそのまま入れない方がいい。
でも、「ちびだら飲み」する人にそれ用のコーヒーであることをアピールしたい。

こういうときにはどうするか?

一つの方法として、「ちびだら飲み」という言葉を、それを暗示する言葉に置き換えるという方法があります。

この商品では「ワンデイ」という言葉を使っています。

「ワンデイ(1day)」というと、使い捨てコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー」のように「1日限定」という意味で使われることもあります。

でも、ここでは、「ちびちびダラダラ」という時間の長さを「ワンデイ(1day)」と表現したわけです。

このように、流行りの言葉を別の言葉で置き換えることで、

流行りの言葉にそのまま乗っかった商品名とは差別化することができる

のです。

ネーミングのコツ③|商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

ネーミングのコツ、3つ目は、

商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

ことです。

商品やパッケージと、商品名との間に一体感がないと、商品の世界観が損なわれる

からです。

この商品のボトルはオフィスのデスクに置いたときにも見栄えがするように、シルバーをベースにしたスタイリッシュなデザインを採用しています。
キャップもラベルも落ち着いたブラックとゴールドの配色にしています。

だから、そのラベルに表示される商品名も同じようにスタイリッシュな方がいいわけです。

「ちびだら」のようなひらがなで俗っぽい言葉よりも、「ONEDAY」のようにアルファベット表記されたスタンダードな言葉の方が、このボトルデザインには合っています。

商品名はそれ単独で存在するものではありません。

商品の中身、商品パッケージ、売り場の雰囲気…。
これらの要素とガッチリ噛み合って初めて商品の世界観が形成されます。

商品名だけ色合いが違ってしまうと、商品の世界観が台無しになってしまうので要注意です。

このように、

商品やパッケージの世界観とイメージを合わせた商品名とすることで、商品のイメージがグッと良くなる

のです。

ネーミングのコツ|商品の特徴を暗示する言葉を使った「キリンファイア ワンデイブラック」|まとめ

「キリンファイア ワンデイブラック」から学びたいネーミングのコツは、

流行りの言葉をそのまま入れない
商品の特徴を暗示する言葉を使う
商品やパッケージの世界観とイメージを合わせる

でした。

商品名は同種の商品と一緒に並べられた時に、間違いなく手に取ってもらえる独自性・特徴があった方が良いです。
自分目線でばかり考えるのではなく、商品棚に置かれたときの状況を思い浮かべながら、商品名を考えるようにしましょう!

ネーミングに興味が出てきた人へ

ネーミングに興味が出てきた方はぜひ以下の2つの記事も読んでみてください。きっと、気付きがあるはずです。

商品価値を高める! 取引先への「ネーミング支援」|「近代セールス」2021年11月1日号掲載記事

ネーミングのコツ。センスの良い商品名を作るための5つのポイント

他のネーミングの記事はこちらから。

この記事を書いた人
弁理士・山田 龍也
クロスリンク特許事務所 代表弁理士。知財活用コンサルタント・ネーミングプロデューサーも務める。 中小製造業によくある「良い商品なのに売れない」のお悩みをローテク製品の特許取得、知的財産(特許・商標)を活用したブランドづくり、商品名のネーミングで解決している。
役にたったらシェアしてください!
目次